資料請求はこちら

・従業員のストレス・メンタルヘルスケアを社内で対応しきれない

・産業医の面談時間を増やしたいけれど、そこまでコストをかけられない

・ホワイト500・ブライト500に向けて健康ツールを導入したい

専門家に気軽に心身の相談ができる環境を提供することで、解決しませんか?

▼ご紹介するクラウド型保健室「ハワユ」はこんなサービスです

1.チャット機能で、産業保健師に気軽に安心して相談

2.相談しづらい人も、コンテンツで自分で解決

3.簡単なセルフチェックで、早期発見

産業保健師のチャット相談で、従業員の皆さまの悩みを従来より低価格で解決します

相談するだけでなく、自己解決力を向上させるコンテンツを一緒に提供します

相談した方がいいか自分で判断できる、事前スクリーニング機能が便利です

経営者の皆さまから頂くお声

「心身不調による離職防止や、生産性向上に向けて対策をしたい」

「心身の健康ケアの大切さは分かるが、使われないサービスは入れたくない」

人事の皆さまから頂くお声

「従業員のメンタルケアや相談に乗っている時間がない」

「健康経営に向けて、上からのプレッシャーが重圧…」

〜 その悩み、皆さまだけではありません 〜

厚生労働省の調査によると、ストレスを「相談できる産業医がいる」労働者は8.8%、「実際に相談した」のは2.4%。ストレスを専門家に相談できる環境はとても少ない状況です。

 

 

心身の悩みや職場のストレスを専門家に相談できないと、病院に行ったり休むタイミングもなかなか判断できません。普段の業務生産性の低下や、休職や離職にも繋がる可能性があります。

 

 

もし従業員が離職した場合、再雇用に伴う採用コストは一人当たり約62万円(ネオキャリア調べ)・

休職者が出ると約422万円のコスト増と言われています

(男女共同参画会議・仕事と生活の調査に関する専門調査会 平成20年4月とりまとめ)。

 

これは、決して小さい額ではありません。

従業員の心身の健康ケアに予算を割くことで、休職や離職の防止に繋がるのであれば、

従業員にとっても働きやすい環境を用意でき、コスト面でも良い投資になるのではないでしょうか?

「うちは産業医面談があるから大丈夫」本当でしょうか?

仕事や職業生活で強い不安やストレスを感じる労働者の割合は、54.2%。半数以上の人が悩みを抱える一方で、産業医に相談できている人は全体の3.2%にとどまります。

(厚生労働省 令和2年 労働安全衛生調査)

私たちのアンケートでも、このような声が複数上がっています。

「相談内容が会社に伝わるのでは?と不安で相談できない」

「人事総務を通して予約するのは恥ずかしい」

そこで、従業員が気軽に相談できる心の拠り所として、クラウド型の大人のオンライン保健室をスタートしました。

気軽に相談できる環境を作ることで、従業員の心身健康な状態を目指します。

 

その結果、業務生産性の低下や休職・離職を防止し、安心して働ける環境作りへと繋げていきます。

お客様の声

30代女性
30代女性大企業勤務
Read More
今の会社にも相談サービスがありますが、電話かビデオしかなく、相談しづらかったです。 ハワユのチャット相談は、家でも家族の目を気にせずに相談できたのがとてもよかった!
20代女性
20代女性大企業勤務
Read More
ハワユの相談利用をきっかけに、 心療内科に行くことができました。
20代男性
20代男性中小企業勤務
Read More
相談に乗って頂いた産業保健師さんから、有益なアドバイスをたくさん頂くことができました!
Previous
Next

テストサービスの総合評価

4.4/5

勤務先に福利厚生として導入された場合

「積極的に使いたい」50%

「不調や悩みが強ければ使いたい」50% 
 =100%の人が「使いたい」と回答

 2ヶ月無料トライアル お申込み受付中

只今、LINE公式アカウントでのテストサービス中。デモアカウントはこちら▶︎

※当アカウントはデモ用のため、チャット相談へのご回答は致しません。ご希望の法人様は下記フォームよりお申し込み下さい。

2ヶ月無料トライアルに申し込む

ハワユ運営

代表:石丸 香織

<経歴>

ホテル業界のマーケティングに携わりながら、スタートアップのカスタマーサポート・Webマーケティングに関わる。

<ハワユ立ち上げについて>

高校生の時のうつ病・ひきこもりから今に至るまで、心身の不調と付き合いながら人生を送る。大企業から小規模な会社に転職。周りの社員が心身の体調不良の際、病院に行ったり休養を取るタイミングが分からず悪化させてしまい、退職して行くのを目の当たりにする。

社員にとっても企業にとっても、従業員の健康を安心して相談できる場所が必要だと考え、エンジニアや産業保健師らと共に「ハワユ」を立ち上げる。

自身もフロントエンドのReactを学び手を動かしながら、制作からマーケティングまで幅広く行う。中小企業の福利厚生を中心に、幅広く事業展開予定。

▶︎Global Geek Audition オーディエンス賞・4位入賞のW受賞

▶︎東京都女性ベンチャー促進事業『APT WOMEN』第6期選出

 

Twitter

ハワユ公式Instagram(@hawayu_selfcare)では、産業保健師による心と身体のセルフケアTipsをお届けしています。

Illustration by Storyset